Browsed by
Month: May 2017

アンチエイジングサプリとセラピーの併用で認知症を治す

アンチエイジングサプリとセラピーの併用で認知症を治す

全国区各地に伝統的な想先人形があるように、日本人になじみの深い人形。

なかでも赤ちゃん人形は見た人の遠い記憶を呼び起こし、感情を豊かにしてくれます。

今回は、「アンチエイジングサプリメント」と組み合わせて、そんな力を秘めた赤ちゃん人形に接することで、認知症の方や高齢者の自発的な感情や行動を導き出す「ドールセラピー」についてご紹介します。

赤ちゃん人形に満たされて高齢者や認知症の方が退屈、孤独、孤立から解放される。

みなさんはダイバージョナルセラピーをご存知ですか?

DTと訳されます。

DTとは、オーストラリアやニュージーランドで高齢者や、認知症や障害を伴う肩のために実践されている専門分野で、
「身体的」「認知的」「精神的」「社会的」「視点」を持っておこなう全人的ケアのことです。

DTでは、高齢者や認知症の方が人生を心から楽しみ、意味のある生活を実感できるように「楽しさ」「自分らしさ」「」選択と自己決定」「触れ合いと社会性」を商店に当てて実施します。

今回は、多様なDTプログラムの中から、家庭でもおこなえるドールセラピーをご紹介しましょう。

ドールセラピーは、赤ちゃん人形に接することで、認知症の肩に喜びや自信を取り戻してもらう方法です。

多くの方は赤ちゃんに接するとき、慈しみや深い愛情を抱くと思います

子育てをした経験がなくても赤ちゃんの笑顔を見たり、肌に触れたりするだけで、豊かな感情が沸き起こっています。

認知症の方は、「介護される」という受身の生活を送っていることが少なくありません。

そのような方でも、ドールセラピーを行うと赤ちゃん人形をあやしたり、子守唄を歌ったりして自発的に行動するようになるのです。

自分の意志で赤ちゃん人形の世話をして役割を感じることで、より生き生きと過ごせるようになると言われています。

高齢者や認知症の方にとって苦痛なことが3つあると言われています。

それは「退屈」「孤独」「孤立」です。

退屈とは、何もすることがなく、自分の行動に意味や目的を持てない状態をいいます。

孤独とは、家族や友人を失ったり、施設に入ったりすることによるさみしさや苦しさを指します。

孤立とは、周囲の人と良好な関係が気づけていない状態です。

高齢者や認知症の方が、ドールセラピーによって生活の質QOLが向上することは少なくありません。

アンチエイジングサプリメント摂取で食事面を、ドールセラピーで精神面をサポートする試みとして、注目を集めているのです。

実際にドールセラピーを導入した施設で見られた事例をご紹介しましょう。

患者さんとトラブルがなくなり、薬の量を減らすことができた

認知症が進行して入所している施設の入居差さんとトラブルが絶えなかったAさんは、病院の精神科から介護施設に転院しました。

Aさんは未婚でしたが、甥を自分の子供のように可愛がっていたそうです。

看護師長が「Aさんにはめんどうをみたり、可愛がったりする相手が必要かもしれない」と考え、ドールセラピーを導入。

赤ちゃん人形をそばに置くと、Aさんは穏やかに語りかけ始めたそうです。

Aさんは、周囲の人と一緒に赤ちゃん人形をあやすことで会話が生まれるようになり、トラブルは減っていきました。

主治医の観察の元、徐々に薬の量を減らしたAさんは、ドールセラピーを導入して3ヶ月で薬が不要になったそうです。

その後も、10年間、Aさんはほとんど薬を飲まずに穏やかに暮らしていました。

ドールセラピーを導入したら、自ら行動して職員と会話が弾むようになった。

自発的な高動画増えて一人で歩けるようになったBさん

介護老人施設に入っていたbさんは、自ら行動や会話をしていませんでした。

会話によるやりとりに限界を感じた施設の職員はドールセラピーを導入。

すると、bさんは赤ちゃん人形に触ったり、頭を撫でたりするなど、自発的に行動するようになりました。

徐々に職員との会話をするようになったbさん。

いままでは話したことのない息子の存在についても話し始めました。

それまで職員が手を引いても歩かなかったBさんが、いつの間にかひとりで歩けるようにもなりました。

前向きな感情が、身体の昨日にも良い影響をもたらしたのかもしれません。

現在、ドールセラピーは特別養護老人ホームや病院、介護老人保健施設などに導入されています。

ドールセラピーの広がりに伴って、赤ちゃん人形用のよだれかけや簡単な服を作って楽しむ、手芸クラブが発足している施設もあるほどです。

ドールセラピーは、すべてのかたに効果があるわけではありません。

赤ちゃんに対する感情や経験が個人によって差があるからです。

認知症の方が赤ちゃんに興味を示さない場合は、配慮が必要です。

DTでは必ず個人の好みや生活歴、現在の身体状態について評価をくり返し行って、その人にあったプログラムを提供します。

ドールセラピーをする際に使う人形は、表情や体型、感触が本物の赤ちゃんに近いほど効果が期待できます。

人形の重さはだきごたえに直結するためとても重要です。

1300グラム程度がいいでしょう。

人形とアンチエイジングサプリを使った、認知症対策。

試してみてはいかがでしょうか?

(アンチエイジングサプリについて)
アンチエイジング サプリ 人気 口コミ ランキング」で1位だったサイトをご紹介して今日は終わります